What is fla.red?

Fla.redふれあど は /dev/null です。

どなたでもご参加いただけます。 また、他インスタンスとの連合を前提としているので特にテーマは設けておりません。 ローカルTLに気兼ねせず、思ったことを自由に投稿できます。

fla.red の特徴

コードスニペットを投稿できます

プログラムのコード片をトゥート中に埋め込めます。 現在のところ、Apache、Bash、CoffeeScript、C++、C#、CSS、D、Diff、 Go、Haskell、HTML、HTTP、Ini、Java、JavaScript、JSON、Julia、Kotlin、Lisp、 Makefile、Markdown、Nginx、Objective-C、OCaml、Perl、PHP、Python、 R、Ruby、Rust、Scala、Shell Session、SQL、TeX、XML に対応しています。詳細はこちら

トゥート中で数式を使用できます

トゥート中にて数式を利用することができます。 KaTeX を採用しているため、描画が高速です。詳細はこちら

個性豊かなカスタム絵文字

すし( )、 ベン図( )、 分布( )、 道路標識( )などの、 実用的で個性豊かな絵文字が多数登録されています。 詳細はこちら

極力迅速に Mastodon の最新リリースに追従

Mastodon にて新しいリリースが出た際には、 極力迅速に fla.red に取り入れます。 当初は rc 版に関しても積極的に取り入れておりましたが、アクティブユーザ数の増加を鑑み、原則としてアップデートの対象外としております。

したがってメンテナンスの回数は比較的多いです。 ご協力をお願いいたします。 また緊急を要する場合には予告なくメンテナンスを始めることもあります。 予めご承知おきください。

Home to 47 users
Who authored 12,705 statuses
Connected to 1,289 other instances

バグ報告

本インスタンスの拡張機能部分に関するバグ報告は、 GitHub の Issue で受け付けています。 GitHub の操作に慣れていない方は、 @yanteneに直接メンションを頂いても構いません。

各種機能の使い方

コードスニペット

コードスニペットは以下のように、 バッククオート 3つ以上(```)の行で括ることで作成することができます。


```
dog, 犬
cat, 猫
rabbit, 兎
bird, 鳥
```

言語を指定したい場合には、 開始側のバッククオートに続いて言語名を指定してください。


```ruby
1.upto(100) do |n|
  puts n
end
```

また、コードスニペット記法そのものをコードスニペットで示したい場合には、 以下のようにして入れ子にすることができます。 その際、内側のコードスニペットで利用したバッククオートの数よりも 多くのバッククオートで括ってください。


````
```ruby
1.upto(100) do |n|
  puts n
end
```
````

数式

KaTeX の記法でトゥート内に数式を記述することができます。 文中で利用する際には "$" で括って以下のように利用します。

すると、$f(x)$は以下のように表される。
ディスプレイモードで利用する際には "\[" "\]" で括って以下のように利用します。

\[
x = \frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}
\]

カスタム絵文字

一般
:0point: :loading: :pee:
技科大ネタ
:munko: :a_bldg: :b_bldg: :c_bldg: :d_bldg: :e_bldg: :f_bldg: :g_bldg:
ソフトウェアとサービス
:archlinux: :atom: :bitcoin: :centos: :debian: :emacs: :fedora: :gnu: :mastodon: :neovim: :opensuse: :skype: :twitter: :ubuntu: :vim: :vlc: :vscode:
プログラミング
:dman: :gopher: :haskell: :java: :python: :ruby: :rust:
すし
:bintoro: :ebi: :ebiten: :hamachi: :ika: :ikra: :maguro: :negitoro: :salmon: :tai: :tamago: :uni: :zukema:
道路標識
:jrs_207_a: :jrs_207_b: :jrs_208: :jrs_208_2: :jrs_209: :jrs_209_2: :jrs_209_3: :jrs_212_3: :jrs_212_4: :jrs_213: :jrs_214: :jrs_214_2_a: :jrs_214_2_b: :jrs_214_2_c: :jrs_214_2_d: :jrs_215: :jrs_301: :jrs_302: :jrs_303: :jrs_304: :jrs_305: :jrs_313: :jrs_314: :jrs_315: :jrs_316: :jrs_319: :jrs_325: :jrs_325_2: :jrs_325_3: :jrs_325_4: :jrs_326: :jrs_329_b: :jrs_330_b: :jrs_331: :jrs_407_2: :jrs_407_3: :jrs_407_a: :jrs_407_b:
ベン図
:abjunction: :and: :conditional: :contradiction: :eq: :nand: :nor: :not: :or: :proposition: :tautology: :xor:
分布
:norm_dist: :powlaw_dist: :t_dist: :uniform_dist:

bot の運用に関して

現在のところ、bot の運用に関して以下のルールを設けています。

  • サーバに過度に負荷をかける bot の運用はご遠慮ください。
  • プロフィール欄に管理者のアカウント名を明記してください。
  • 公開範囲は必要に応じて好きに設定していただいてかまいません。

以上のルールは原則ですので、必要があれば@yanteneにご相談ください。 また、状況に応じて bot の運用に関して個別にお願いをすることがございます。ご協力をよろしくお願いいたします。 ご不明な点などありましたが、@yanteneまでお問い合わせください。

寄付

Fla.red の運営費用は、現時点で @yantene の趣味の費用で賄える範囲に収まっています。 そのため、寄付をいただかなくともただちに Fla.red の存続に関わることはありません。

しかしながら、もし寄付をいただける場合には、 Amazon ギフト券を contact@yantene.net にご送信ください。 S3 のサーバ費用などに充てさせていただきます。